So-net無料ブログ作成
検索選択

障害者自立支援法訴訟7例目の和解 大津地裁(産経新聞)

 障害者福祉サービスの利用者に原則1割の自己負担を定めた障害者自立支援法は違憲として、滋賀県内の障害者8人が国や自治体に負担の廃止を求めた訴訟が15日、大津地裁(石原稚也裁判長)で和解した。

 和解は全国7例目で、近畿では奈良和歌山京都の各地裁に次いで4例目。

今月21日の東京地裁ですべての訴訟が和解する予定。

 大津地裁の和解では、石原裁判長が、速やかに新制度を作るなどの和解条項を読み上げ、原告被告双方が受け入れた。

【関連記事】
「障害者自立支援法」とは
新制度「障害者に思いを」自立支援法訴訟で原告側が違憲陳述
障害者自立支援法めぐり集団提訴 厚労相の廃止意向も「国は分からない」
障害者支援法廃止前に負担軽減策先行も 厚労省
聴覚障害者らヒッチハイクの旅750キロ 10日から神戸→東京「健聴者と夏の思い出を」
外国人地方参政権問題に一石

一式飾の一畑電車 出雲舞台の映画登場でPR(産経新聞)
<厚労省>うその人事情報で100万円受領 職員を処分(毎日新聞)
<雑記帳>まずはギネス制覇 巨大ユニホームでW杯勝利祈願(毎日新聞)
亀井氏「外国人選挙権に拒否権発動している」 反対集会で強調(産経新聞)
石原都知事「与党党首に帰化人」 福島氏が否定 発言撤回要求(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。